仕事に関する悩みで占ってもらいました。

警備の仕事をしていますが、オリンピックの警備がテロが怖いので退社を考えていました。

あるコラムで、女性が占い師に相談するのはしがらみの無い第三者に悩みを聞いてもらうためと書かれていました。

しかし対面だと何となく怖いのと、占い館のようなところは女性客が多いのでためらっていました。

そこへたまたまネットで電話占いの広告を見たので、利用してみました。

それまで占いはほとんど信用していなかったので、複数の先生に占ってもらいました。

占い方法は、タロット、インスピレーション、西洋占星術でした。

占い方法自体はこだわりがなく、できるだけ自分と年代の近い先生を選びました。

各先生の話を聞いていた限りでは、複数の占い方法ができる先生でもタロットを使うケースがほとんどでした。

共通していたのは、オリンピックの期間中に外国人によるテロは起きないという結果でした。

むしろ外国人より、日本人がなにか騒動を起こす可能性の方が高いと言われました。

また、警備の仕事はオリンピック後の不景気で激減することは無いでしょうとも言われました。

一方で、仕事で占いの相談する人には、ダブルワークしているケースがとても多いと聞かされました。

警備員は高齢化が今後も進み人手不足が更に厳しくなるので、負担がその分大きくなるので在宅ワークのような副業は勧められました。

その際、昔中国語を勉強していたことがあったので、中国語の翻訳の仕事についても占ってもらいました。

残念ながら、中国語の翻訳の仕事は将来的には厳しいという結果でした。

理由はより専門性の高いものが増えるのと、日本語→中国語への翻訳の仕事が主になるので日本語ができる中国人の方が圧倒的に有利だからということでした。

ちなみに西洋占星術だと、今後の運勢とか運気といった話題になりがちと感じました。

なので、何か行動する上で時期がいつ頃がいいかという占いには適していると思います。

具体的なアドバイスは、タロットで出たカードから読み取ってコメントするというパターンが多かったです。

タロットについても、カードの上下逆になった時など解釈の仕方が占い師によってかなり違うそうです。

ひとりだけ電話でやりとりしていて会話が今一つかみあわない占い師がいました。

ただこれは相性があるので、電話占いは何人かの占い師とやりとりして会話のかみ合う人を選ぶのをおすすめします。

電話占い 当たらない